前へ
次へ

医療と介護の連携に関して感じる事

高齢者がどんどん増えていく中で、医療と介護の連携は必要不可欠な物となっております。
以前は、高齢者が病院へ入院し、圧迫、入院が必要な人が入院出来ないといった状況になった事もあります。
基本的には、医療と介護は考え方が異なると思います。
同じ法人で両方とも事業としてやっている所も少なくありません。
介護側にしてみれば、この連携は凄く助かる事ばかりです。
専門的な知識があるといっても、やはりプロには勝てません。
介護側は最終的には医療の方の助けが必要になります。
なので、この連携がしっかりとしているという事は、そこで暮らしている高齢者にとっては、凄く良い事なのです。
特別養護老人ホームに関しては、常駐の医者がいないケースがほとんどです。
しかし、医者が常駐していないからと言っても、そこで働いている看護師はいますし、提携している病院があり、そこと連携をとっています。
今後も高齢者が増えていく中で、今以上に連携をしっかりとしていく必要があるでしょう。

Page Top