前へ
次へ

万が一の病気や怪我の最重要な事

病気や怪我は、いつ何時自分や家族が当事者となるか分かりませんが、治療や回復が最も重要な事であるとともに、もう一つ重要となるのが医療費の問題です。
保険証を利用すれば一般的には3割、条件によって高齢者は1割の負担となりますが、手術や入院が必要となった場合はそれでも大きな金額が必要となってしまいます。
そんな万が一に備え、医療保険などの保険商品に加入し備えるという方法がありますが、もう一つ是非活用したい国の制度があります。
それは高額医療費制度と言う名称で、1ヶ月あたりの医療費を上限額に抑えると言う仕組みとなっており、年齢や所得などによって上限が定められています。
申請は治療が終了してから事後にも可能で、上限よりも多く支払った医療費は払い戻しを受ける事が出来ます。
保険商品への加入と高額医療費制度の利用で、万が一の際の医療費の負担を軽減し金銭的な不安を解消する事によって、治療や回復に専念する事が出来ます。

Page Top